柳生の地!若かりし日の柳生石舟斎の修行地【天石立神社】

0

〇天石立神社の紹介
・所在地ー奈良県奈良市柳生町柳生字岩戸谷789
・名称ー天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)
・創建年代ー不明
・主祭神ー豊磐牖命、櫛磐牖命、天岩戸別命、天照大姫命
・主な御利益ー心願成就、商売繁盛、五穀豊穣
・参拝時間ー参拝自由(社務所なし)
・最寄駅ーJR奈良駅または近鉄奈良駅から奈良交通バス「柳生」バス停下車
・駐車場ー無し(近くに奈良市営柳生駐車場あり)
・神社HPー無し


神社・お寺巡りランキング
〇備考
奈良県奈良市の柳生町の山中に鎮座している古社です。
巨岩を信仰する古式・古来の形体が遺っているので、相当に古い・歴史のある神社だと思われます。
この辺り一帯には巨岩・巨石がたくさんあり、その全てに八百万神の神が宿っているとされています。
当社は神話にちなんで手力男命が天岩戸を開いた時に、その扉石が当地に飛来したもの(巨岩)を御神体としています。
社務所や本殿は無く簡素な拝殿があるくらいで、あとは注連縄が目立つくらいです。
当社がある柳生町はあの柳生新陰流の始祖・柳生宗厳(石舟斎)が修行した地であり、柳生藩が置かれていました。
社殿の65m程奥に行くと「一刀岩」という巨岩があります。
この一刀岩は石舟斎が3年間この地で修行している時に、天狗を切ったと思ったらこの一刀岩を真っ二つにしたという伝説の地です。
自分もこの目で見ましたが、確かに大きな岩が綺麗に真ん中で真っ二つに割れていました。
さらによく見ると一刀岩の上に小さな像がありました。
この像は石舟斎を模したモノなのでしょうか?? それとも天狗??
いずれにしても、400年以上も前に著名な剣術の達人がこの地で修行したというのはロマンがありました。


↑第一鳥居


↑手水舎


↑境内の様子 巨岩・巨石がたくさんあり神秘的です。


↑柳生石舟斎が真二つにしたと伝わる一刀石


↑柳生石舟斎の像なのかな??

(2017年4月中旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA