神武一行を救った高倉下命を祀る社【椋下神社】

0

〇椋下神社の紹介
・所在地ー奈良県宇陀市榛原福地1
・名称ー椋下神社(むくもとじんじゃ)※クラゲ神社とも。むしろネットではクラゲ神社の読み方が多いです。
・創建年代ー705年頃
・主祭神ー高倉下命
・主な御利益ー記載なし
・参拝時間ー参拝自由(社務所~時)
・最寄駅ー近鉄榛原駅 伊勢北街道を東へ徒歩10~12分
・駐車場ー無し
・神社HPーなし


神社・お寺巡りランキング

〇備考
初代・神武天皇が東征の際に一行が神威に触れて動けなくなっていた。
その折に高倉下命が授けた剣が霊剣布都御魂です。
この剣は後に石上神宮に祀られました。
その後この功績が称えられて八咫烏神社と同時期(705年頃)に祀られたとあります。
元々は別の位置に鎮座していましたが、いつの頃からか現在地へ遷座されていたようです。
ちなみに読み方なんですが、ネットで当社を知った時は「くらげ(椋本)神社」とありました。
しかし、ナビで近くまで来ましたが見付からなかったので、近所の人達に聞いてもパッと出てきません。
スマフォで神社の字を見せたところ「むくもと(椋本)神社」やん!って言われましたww
自分は??ですが、改めてネットを調べたら「クラゲ(椋本)神社」の読み方が多く出てきます。
でも地元では「むくもと(椋本)神社」としか呼ばれていないんです。
結果的にどちらも合っているみたいです。
恐らく祭神の高倉下命の読み方が訛って「クラゲ」となってのではないでしょうか。
ネットでの評判でも地元の人達の間でも由緒正しい神社として知られていて、大切にされているのは間違いなかったみたいで良かったです(^ω^)


↑第一鳥居 近くは住宅街で道路から1本道を外れた場所に鎮座しています。


↑手水舎


↑拝殿と拝殿の階段から本殿へ続きます。


↑拝殿の階段から本殿へ。写真右は下からの本殿です。


↑境内社 金刀比羅神社


↑境内社 愛宕神社

(2018年4月下旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA