超個性派!ハードパン専門店【ボン・リジェール(Bon Riziere)】

0

ネットで大津市のパン屋を調べたらヒットした1件です。


近畿ランキング

ハード系オンリーのパン屋さんらしく向かってみました。


↑すると、住宅街にかなり小さなパン屋さんがありました。
気を付けていないと見逃してしまいそうな。


↑中に入ると昼過ぎだったので、ある程度売れてしまっていましたが、それでも規模が規模なのでパンの種類は多いとは言えないです。
・・・というか店構え、店主の雰囲気、店内の様子の全てが硬派というかハード系ww
パンも菓子パンが見当たらないww
とにかくハード、ハード、ハード系のみ!
小麦粉、薪、窯の全てがこだわってあってモロ職人さんって感じ。
窯も自作だとか!?
店内には一人お客さんが来てたけど、すっごく気さくに色々話されていたので、店主さんは見た目はハードでもwとても良い人そうです(^^♪
見渡しながら自分好みで食べれそうなのが、石窯パンミニサイズとブルーチーズのパンでしたので選び、レジ下にプリンやケーキがあったのでプリンを購入♪
いずれのパンもこだわりと少量生産の為かけっこう割高です。
プリンから食べましたがハッカでも入っているのか、ちょっとスッとします。
しかし、このプリンは個性的ながらメチャクチャ美味いw
350円とちょっとお高くて量もメッチャ少ないですがw
パンは・・・正直評価しかねます。
特に最初に食べた石窯バゲット(ミニ)は難しい。
パン生地からは薪で焼き上げたのが明らかに分かるくらいに薪の香りが漂います。
ハード系パンにとても合っていると思いますが、生地がパサパサな感じがして、ソフト系を食べ慣れている自分としてはパンを食べている感覚があまりしなかったです。
出来立てを味わえたらもっと良かったかも。
ブルーチーズのパンも生地に対する感想は同じです。
ブルーチーズはとても美味しい物を使用していると思います。
ブルーチーズとハード系生地はとても良く合うように仕上げられています。
2種類のパンは決して不味い訳ではないですが、個性的過ぎて難しいwww
草津にあったブーランジェリー6のハード系パンは大衆受けする美味しいパンでしたので評価も出来ましたが。
価格、個性、ハード系という事で評価は保留ですが、いつか出来立てを味わってみたいというのはあります。
とにかく職人気質がバリバリと感じられる超個性派のパン屋さんでしたw
ハード系が好きな読者さんは是非寄ってみて下さい。
ただ自分はこの記事を作っている時に、改めて食べてみたくなりましたww
また行こう(´▽`)

店名 ボン・リジェール(Bon Riziere)
住所 滋賀県大津市下阪本6丁目15-4
tel  077-532-1341
営業時間 9:30~18:00
定休日 火曜日
駐車場 無し
HP http://www.bonriziere.jp/

(2018年5月上旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA