子授かりの御利益抜群!【三嶋神社】

0

〇三嶋神社の紹介
・所在地ー京都市東山区東大路通東入上馬町3
・名称ー三嶋神社(みしまじんじゃ)
・創建年代ー平安時代末期
・主祭神ー大山祇大神、天津日高彦火瓊々杵尊、木之花咲耶姫命
・主な御利益ー安産、子授け、夫婦和合
・参拝時間ー参拝自由(社務所)
・最寄駅ー京都市バス「馬町」下車
・駐車場ー有り(1台)
・神社HPー無し


神社・お寺巡りランキング
〇備考
東山区という京都市の中心地に鎮座しているのですが、住宅街のマンションの端にあり非常にこじんまりとした小規模な神社です。
社殿も綺麗で、比較的創建年代が新しいのかと思いますが実は平安時代末期からある由緒正しい神社だったのです。
平安時代末期に後白河天皇と皇后の平滋子建春門院が子宝に恵まれないことを悲しんでいました。
そこで子授かりに御利益があると言われる、摂津国(現在の大阪府高槻市)の三嶋大明神に祈願に行くと夢に翁が現れて男児を授かる、その代わり私を辰の方角に祀りなさい。とお告がありました。
その後に高倉天皇を出産したので、後白河天皇は平重盛に当社を祀るように命じました。
京都市で唯一、平家に縁のある神社が当社です。
今でも、母娘二代で参拝に訪れる人もいらっしゃるようです。


↑鳥居


↑手水舎 鳥居の真向かいの社務所横にあります。


↑揺向石です。牛若丸の時代からあり良縁、夫婦和合、家内安全の御利益があるとされています。


↑社殿

(2017年4月上旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA