学問の神様の総本社!【北野天満宮】

0

〇北野天満宮及び周辺の紹介
・所在地ー京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町
・名称ー北野天満宮(きたのてんまんぐう)
・創建年代ー西暦947年
・主祭神ー菅原道真公
・主な御利益ー学業成就
・参拝時間ー(社務所~時)梅花苑600円
・駐車場ー有り
・神社HPーhttp://www.kitanotenmangu.or.jp/


神社・お寺巡りランキング

〇備考
全国にある天満宮の総本社。
道路沿いにひときわ大きくそびえ立つ鳥居と天満宮の額縁が目を引きます。
鳥居をくぐると境内まで2分近く歩かないと行けないくらい広大な面積を誇ります。
参道には天満宮で有名な神牛像がたくさん鎮座しており、自分の身体の悪いところを牛になぞらえて撫でると平癒すると言われています。
境内には長五郎餅という和菓子屋さんが定期的に出張所を設けており、境内を拝見しながら楽しむことも出来ます。
他にも天満宮は梅で有名で梅の時期には境内に咲き誇り、梅花苑が有料で解放されています。
そして当社は優秀な人物であった道真公にあやかって学業成就の御利益があるとされており、全国から受験生が参詣に訪れます。
それとなぜか当社にはたまに高級外車が集まるオフ会が開かれたりして、境内駐車場が高級車で溢れる事がありますwww


↑第一鳥居 かなり大きな鳥居で鳥居前はタクシーが列を作っています。特に梅の季節は多いです。


↑第一鳥居を進んでいくと参道があり、第二鳥居や摂社・末社があったり天神なので神牛像があります。


↑伴氏社 道真公の母君を祀っています。


↑神牛像


↑第一の楼門 参道からここまでは梅の季節に限らず屋台が出ています。


↑道真公の像


↑手水舎 第一楼門を抜けると右手に手水舎があります。水龍ではなく神牛像になっています。


↑第一楼門から右手より左回りに進みました。


↑第二楼門でこの額縁は後西天皇の筆による「天満宮」の勅額です。


↑第二楼門の前にある美しい白梅


↑第二楼門をくぐると拝殿が姿を現します。 梅が美しく、学問の神様なので受験生が多数参拝しています。


↑外側から見た本殿


↑楼門前の参道。多数の摂社・末社が両端に鎮座しています。


↑摂社・白太夫社 祭神・渡会晴彦翁 神徳・子授け


↑摂社・福部社 祭神・十川能福 神徳・開運招福


↑摂社・火之御子社 祭神・火雷神 神徳・雷徐け、五穀豊穣


↑摂社・老松社 祭神・島田忠臣翁 神徳・植林、林業の神


↑自動車祓い所


↑末社・文子天満宮 祭神・菅原道真公 神徳・入試、学徳成就


↑摂社・地主神社 祭神・天神地祇 神徳・招福、交通安全、所願成就


↑末社・老松社 祭神・島田忠臣翁 神徳・植林、林業の神


↑牛舎


↑摂社・末社 左から荒神社、貴布禰社、今雄社、早取社、御霊社、安麻神社、高千穂社、福部社


↑摂社・末社 左から若松社、八幡社、松童社、夷社


↑摂社・末社 左から大判事社、三位殿社、和泉殿社、宰相殿社、社、一挙社、那伊鎌社


↑摂社・末社 左から猿田彦社、稲荷神社


↑宗像社


↑御朱印

(御朱印以外は2018年3月上旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA