京都市河原町の甘味処【永楽屋】

0

こんにちは!読者のみなさん、今日もオヤツの時間です(*´∀`*)


お菓子・デザートランキング

↑京都で一番の繁華街と言える河原町四条の交差点北東角に大きな【屋楽永】の看板が目印です!
看板が右読み、店の雰囲気が老舗という雰囲気を醸し出していますが1946年創業と京都では、かなり若い部類の佃煮・和菓子店になります。
ちなみに京都では数百年~千年クラスの会社、お店があるので創業100年だとまだまだ新米だと聞いた事があります(;^ω^)


↑1Fは佃煮や和菓子が棚やショーケースに上品に彩られています。
饅頭、煎餅、オカキ、団子、どら焼きなどなど美しく仕上げれていて綺麗で美味しそうです♪
そのまま店の右奥の階段から2Fに喫茶室がありますので向かいます(゚∀゚ )
階段ではすでに何人も待ちが出来ていて、30分~1時間は覚悟しましたw
平日なんですがね(;・∀・)
そして20~30分は待ったと思いますが、ようやく席へ。
和と洋が合わさったオシャレな店内の真ん中の席へ案内されました。


↑この時期は桜をイメージした限定パフェとかアイスが各店にありますね!
もう内心は抹茶パフェで決まりなんですが、一応は全てのメニューに目を通しますw


↑そして「楽・抹茶パフェ」を頼み、待つこと10分近く。
ようやく届きました(゚∀゚)キタ!
大きなパフェでこれで1080円ですから京都市内のパフェでは安いほうですw
京都市内のパフェはだいたい1200~1500円くらいしますからね(^。^;)
パフェには玉露アイス、粒餡、白玉、宇治抹茶ゼリー、生クリーム、栗、バニラアイス、鳩麦焙じ粒、寒天など具沢山です(^0_0^)
一番上の玉露アイスから掬って食べ始めバニラアイス→白玉→粒餡と食べ進めます。
・・・しかし違和感が・・・。
このパフェなんかイマイチだぞ・・・いや、というか全然美味しくない(/ω\)
違和感を覚えつつも、写真の事を置いといて更に感覚を研ぎ澄ませて食べ進んだんですが・・・不味い・・・。
全体的にイマイチなんですが特に粒餡とバニラアイスが不味い・・・。
ちゃんとしたお店で有名店です。
それに今まで食べたお店でも『普通』というのはあっても『不味い』と感じたのは初めてでした(;・∀・)
そこでちょっと思ったのですが、忙しさから疎かになってしまって冷凍の食材を再冷凍したのではないかと。
そうでもないと、なかなかこういったお店のパフェで不味いと感じないでしょうし。
列も途切れる事なく長蛇ですし、厨房も追いついていないようです。
昨今の人手不足もあるかもしれません。
それによく見てみるとパフェの盛り付けが雑なんですよね。
写真を見てもらえば分かると思いますが、粒餡が思いっきりハミ出していますし実は写真の裏でも具材がね。
真相は分かりませんが、とにかく期待外れだったのは間違いありませんでした(´・ω・`)

店名 永楽屋 本店
住所 京都市中京区河原町通四条上る東側
tel  050-3734-1856
営業時間 10:00~20:00
定休日 無休
駐車場 無し
HP http://www.eirakuya.co.jp/ 本店
http://cafe.eirakuya.co.jp/ 本店2F喫茶室

(2018年3月下旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA