チェーンソーアートに注目!材木の神様を祀る和歌山市の神社【伊太祁曽神社】

0

〇伊太祁曽神社の紹介
・所在地ー和歌山県和歌山市伊太祈曽558
・名称ー伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)
・創建年代ー不詳(1300年以上前と思われる)
・主祭神ー五十猛命 配神(大屋都比賣命、都麻津比賣命=いずれも五十猛命の妹神)
・主な御利益ー樹木(木材)の守護、病気平癒、災難・厄除け
・参拝時間ー時~17時(社務所時~17時)
・最寄駅ー和歌山電鐵貴志川線「伊太祈曽駅」
・駐車場ー有り(無料)
・神社HPーhttp://itakiso-jinja.net/


神社・お寺巡りランキング
〇備考
創建年代はハッキリしませんが、元々は現在の日前神宮・国懸神宮があった地に鎮座していたようです。
祭神の五十猛命は素戔嗚尊の御子神で、日本各地に木を植えてまわった事から「木の神様」として知られています。
そのために全国からの木材関連会社からの崇敬が篤い神社です。
古事記には災難に遭った大国主命を救ったという伝承があり「命の神、厄除けの神」としても信仰が篤いようです。
他にも土船を造り、韓国(からくに)へ渡航したことから、造船・航海安全・大漁の神、商売繁盛、開運厄除け等の神徳もあるようです。

境内は広く、大きな中門?が目を惹きます。
木の神様ということで、宝物殿?にはチェーンソーアートの木彫りの干支があります。
その年の干支は拝殿前に置かれています。
このアートは手彫りかなと思うくらいに精巧に出来ています!
チェーンソーアートと同じ場所には落雷で衰弱した御神木が「厄難除け木の俣くぐり」としてあります。
ちなみに結構狭いので、自分は遠慮しました。
出られなくなると大変なのでww


↑一の鳥居


↑一の鳥居をくぐって、すぐ左手にある摂社・櫛磐間戸神社


↑二の鳥居。一の鳥居をくぐって少し歩いた右手にあります。(写真左)
二の鳥居の横には池と朱色の橋が架かっています。(写真右)


↑手水舎


↑御神木 昭和37年の落雷で焼失しましたが現在でも3m程は保存されています。


↑社殿正面(写真左)と
社殿右横から社務所と(写真右) かなり大きな社殿です。


↑社殿を昇ると奥に拝殿があります。


↑拝殿左の氣生神社。 祭神の五十猛命の荒御魂を祀っています。


↑摂社・蛭子神社(写真左)
左手にお猿石(写真右)この石を撫でると首より上の病に霊験あらたかと伝わります。


↑チェンソーカービングの干支 4月に実演奉納されるそうです。


↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA