奈良県吉野の山奥にある水の神様!【吉野水分神社】

0

〇吉野水分神社の紹介
・所在地ー奈良県吉野郡吉野町吉野山1612
・名称ー吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)
・創建年代ー不明
・主祭神ー天之水分大神、高皇産霊神、少名彦神、御子神、天津彦火瓊瓊杵命、玉依姫命、天萬栲幡千幡比咩命
・主な御利益ー子授け、安産祈願
・参拝時間ー参拝自由
・最寄駅ー近鉄吉野線吉野駅より吉野ロープウェイ乗り換え「吉野山」下車し徒歩約1時間30分。または吉野山駅からバス「奥千本口」下車、徒歩15分
・駐車場ー有り(約2台)
・神社HPー無し


神社・お寺巡りランキング

〇備考
吉野の山奥に鎮座しており、創建年代は不明ですが書物「日本書紀」の初見では698年に見られます。
今でも当社は山奥にありますが、創建当時はさらに奥の青根ヶ峰に鎮座していました。
青根ヶ峰の地は吉野川の支流である音無川が東へ、喜佐谷川が北へ、秋野川が西へ流れる源流で「水分=水配り」の地に相応しく社名になったと思われます。
豊臣秀吉も当社を訪れて秀頼を授かったといわれ、現在の社殿は1605年に秀頼が創建したものです。
最初に目にする楼門は大変立派で、奥に続く拝殿・本殿なども山奥に鎮座する神社らしい雰囲気を醸し出し歴史を感じさせます。
楼門を始めとする社殿はいずれも重文指定を受けており、非公開ですが御神体の木造玉依姫命像が国宝指定されています。
2004年には所謂、熊野古道の一部として世界遺産に登録されています。


↑第一鳥居と楼門


↑手水舎


↑手水舎の龍は竹で手作りされている珍しい物です!


↑楼門内にある梟の木像


↑拝殿にある西行の木像。 神仏習合時代の物ですかね??


↑本殿


↑拝殿

(2017年6月下旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA