静岡県浜松市のパワースポット!【浜松八幡宮】

0

〇浜松八幡宮の紹介
・所在地ー静岡県浜松市中区八幡町2番地
・名称ー浜松八幡宮(はままつはちまんぐう)
・創建年代ー不明 西暦927年には延喜式にすでに記載がある。
・主祭神ー玉依比売命、品陀和気命(応神天皇)、息長足姫命(神功皇后)
・主な御利益ー勝運・立身出世、安産・子育て、交通安全
・参拝時間ー参拝自由(社務所)
・最寄駅ーJR浜松駅から徒歩10分
・駐車場ー有り
・神社HPーhttp://www.hamamatsuhachimangu.org/


神社・お寺巡りランキング
〇備考
仁徳天皇の御代に遠津淡海の鎮護・海運の安全の為に玉依比売命をお祀りしたのが始まりとされます。
正確な創建年代は不明ですが、延喜式には927年にすでに【許部神社】の名で登場している事が伺えます。
当時は現在地と異なり南区に位置していましたが、938年に現在地へ遷座され、その後に八幡太郎で有名な源義家公が八幡神二柱を勧請しました。
当社は浜松城の鬼門を護る位置に守護していて、この地を治めていた徳川家康は出陣の度に武運長久を祈ったそうです。
三方原合戦で敗走した家康は社前の楠の洞穴に潜み、武田軍の搜索から逃れられたそうです。
その時、この楠より瑞雲が立ち上った事から以後「雲立の楠」(クモタチノクス)と御神木が名付けられました。
家康が無事に難を逃れた事から以後、代々徳川家の祈願所となり弓や神馬が奉納されることになり徳川家の手厚い崇敬を受けました。


↑手水舎


↑拝殿


↑本殿


↑御神木「雲立の楠」


↑境内社・稲荷社の鳥居


↑末社・浜松稲荷神社


↑摂社・東照宮

(2018年3月中旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA