0

〇猿田彦神社の紹介
・所在地ー三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
・名称ー猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)
・創建年代ー不明
・主祭神ー猿田彦大神
・主な御利益ー道拓き、交通安全、安産守護、芸能上達
・参拝時間ー参拝自由(社務所時~時)
・最寄駅ーJR東海「伊勢市駅」 近鉄「宇治山田駅か五十鈴川駅」 三重交通バス「猿田彦神社前」
・駐車場ー有り(30分無料)
・神社HPーhttp://www.sarutahikojinja.or.jp/


神社・お寺巡りランキング
〇備考
伊勢神宮の近くに鎮座している社です。
天孫・瓊瓊杵尊が地上に降臨する際に、お導きをした猿田彦大神を祭神としています。
猿田彦大神が無事に瓊瓊杵尊をお導きしたという神話に基づき、御利益は道拓き・交通安全が主となっています。
社殿と向き合うように建つのが、佐瑠女神社(さるめじんじゃ)で祭神は猿田彦大神の妻である天宇受売命(アマノウズメノミコト、天鈿女命)です。
天宇受売命は神話・天岩戸で天照大御神が岩戸から出てくるのに踊りをしたことで、一役買ったお話が有名です。
日本最古で最初の踊り子ともされています。
その為に御利益は芸能上達となっています。
猿田彦神社の社殿は「さだひこ造り」といわれる珍しい造りで、欄干や鳥居には八角形の柱が使用されています。
なお猿田彦大神を祀る総本社は三重県鈴鹿市の椿大神社とされていますが、猿田彦神社、宮司の名字、神宮近くの立地、椿大神社と繋がりのある神社の数が少数であることなどから、猿田彦大神を祀る総本社は当社(猿田彦神社)とする説も多くあるそうです。
ちなみにご祈祷では当社のみで舞われる神楽「みちびきの舞」が奉納されています。


↑第一鳥居 木々が茂っていて見えにくいですがw


↑手水舎


↑拝殿


↑たから石


↑さざれ石 国歌にもなっていますね!


↑境内社 佐瑠女神社


↑御朱印

(2017年4月下旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA