0

〇二見興玉神社の紹介
・所在地ー三重県伊勢市二見町江575
・名称ー二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)
・創建年代ー729~748年頃
・主祭神ー猿田彦大神、宇迦御魂大神、綿津見大神
・主な御利益ー開運招福、家内安全、交通安全
・参拝時間ー参拝自由(社務所時~時)
・最寄駅ーJR東海参宮線二見浦駅 CANばす「夫婦岩東口」バス停
・駐車場ー有り(有料)
・神社HPーhttp://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/


神社・お寺巡りランキング
〇備考
伊勢神宮(内宮)から海側へ車で20分くらいの海沿いに鎮座している神社です。
夫婦岩で有名で、県内では2番目に参拝客が多い神社として知られています。
祭神は道開きの神として知られる猿田彦大神と、食物を司る神・宇迦御魂大神(伊勢神宮・外宮の豊受大御神の別名)が祭神です。
御神体は夫婦岩の沖合650~700m沖合にある興玉神石です。
ここに猿田彦大神が降り立ったとも言われていますが、宝暦年間に発生した地震で海中に埋もれてしまい肉眼で確認することができません。
1960年のチリ地震で波が引いた際に一時的に見れたそうです。
夫婦岩では毎年3回の注連縄の架け替えが行われています。
当社の手水舎やあちことにカエルが見受けられますが、これは祭神の猿田彦大神の使いがカエルだからです。
無事に帰れる、貸した物が返る、お金が返るといった験担ぎになっています。
ちなみに当社は猿田彦大神を祀る興玉社と宇迦御魂大神を祀る三宮神社が合祀されて出来た神社です。
この地に祭祀場や夫婦岩の信仰があった年代を創建年代としていますが、合祀されて現在の社名になったのは1910年です。


↑東口の鳥居


↑手水舎 入口は2ヶ所あり東口から入るとこちら側の手水舎(竜宮社)が先になります。


↑境内社 竜宮社


↑日の神に対する遥拝所


↑夫婦岩 当日は残念ながら曇りでした(´・ω・`)


↑二見興玉神社の拝殿


↑境内社


↑手水舎 水龍ではないく珍しいカエルです(^ω^)


↑御朱印

(2017年4月下旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA