京都市にある最古のパン屋さん!【進々堂 東洞院店】

0

京都のパン屋を代表する二大巨塔【進々堂】と【志津屋】


近畿ランキング

↑今回はその【進々堂 東洞院店】にお邪魔しました(^^♪
【進々堂】は創業から100年以上が経つ京都で最古のパン屋さんです!
創業者がパン屋を京都市伏見区に構え、当初は良質なパンを神戸市から輸送していました。
その後、創業者は本場フランスに日本人で初めてパン造りの修行に行き、フランスパン・バゲットを京都市から全国に広めました。
現在は京都市に12店の直営店があります。


店内では焼き立てのパンが並んでいて、隣にはイートインがあります♪


↑その日は【進々堂】でも人気NO.1「北山メロン」「あんぱん」とカフェオレを買いイートインで頂きました。
本当に老舗であり、京都パン文化を広めた功労店に言うのは、はばかられるんですが正直にコメントするのがモットーなので書きますww
2種類のパンはどれもパン屋さんのパンと考えれば普通レベルです。
悪く言えば少々時代遅れ。良く言えば昔ながらの伝統を守った素朴な味です。
「北山メロン」はカリモフ系で、ザラメ砂糖がアクセントになっていますが現在ではどこでも見られる・食べられるレベルのメロンパンです。
「あんぱん」も味そのもの、こし餡の甘さも普通で特長・特筆すべき点はないです。
生地が昔ながらのありがちな、すこし酒が効いた硬くも柔らかくもない中間の生地です。
もう少し、ふわふわであったり、もふもふであったりと何か個性が欲しいところです。

ただ先にも挙げましたが現在、京都は全国屈指のパン消費量を誇りパン文化が盛んです!
次々とレベルの高いパン屋が進出してきたり、新鋭が続々です。
しかしそれも【進々堂】の初代がフランスで修行した当時最新のパン技術を持ち帰って広めてくれたから今日(こんにち)の京都のパン文化になっているのは間違いないでしょう。
そう言った意味では定番のパンの味は変えてはいけないのかもしれません。
自分としては定番を置きつつ、最新のパン技術も取り入れて老舗として末永く発展していって欲しいパン屋さんです。
必死の修行で日本にパン文化を持ち帰ってくれた初代に感謝です(-^〇^-)

店名 進々堂 東洞院店
住所 京都市中京区東洞院通り蛸薬師下ル
tel  075-253-0581
営業時間 [カフェ・イートイン]7:30~20:00(ドリンクLO 19:30)●モーニング7:30~11:00 ●ランチ11:00~17:00 [ショップ]7:30~20:00
定休日 年中無休(ただし年末年始は臨時休業の場合有り)
駐車場 無し(近くにコインパーキング有り)
HP http://www.shinshindo.jp/


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA