天下人が造営した京都市の名庭!【醍醐三宝院】

0

元々は平安時代からある由緒ある寺なのですが応仁の乱で荒れ果ててしまいました。


神社・お寺巡りランキング
その後、秀吉が中心となり復興を遂げたのが現在の醍醐寺・三宝院です。
三宝院の全体を観た訳ではありませんが、秀吉が造り贅を極めたこちらの名庭が大変有名です。


↑写真左が入口、写真右が入ってすぐの醍醐寺の庭です。


↑庭の左側全体を本堂から。広角レンズがあれば全体が入ったかもですね(^。^;)


↑左の写真中央にある長方形の石は覇者の証とされた名石「藤戸石」を聚楽第から運び込んだそうで、天下人の石として知られています。
写真右は「藤戸石」を正面に見て右側の庭の様子です。


↑3つ並んだ石は加茂川の様子を表しており、それぞれ左から
「流れの速い様」「川の淀んだ状態」「川の水が割れて砕け散る様子」だそうです。

某所で紹介されていた当寺は綺麗だなーくらいにしか思ってませんでした。
ところがいざ入ってみるとその存在感に驚かされました!!
あまりにも庭のオーラが凄すぎて「えっ?!これ庭だろ!?」ってのが最初の感想です。
さすが天下人・太閤秀吉が造り愛でた名庭だけあります。
また400年以上も前に秀吉がこの地にいた事を思うとなんとも言えない感慨に浸ります。
「藤戸石」は400年以上もあの地にありますし、一番下の写真右の松の木は樹齢500年以上と言われています。
ここは存在感・オーラが圧倒的過ぎますね(;゚Д゚)
ここの写真が許可されたのも2016年の2月からだそうで数百年の歴史があるなか、凄まじく良いタイミングだったと思います。

〇醍醐三宝院の紹介
・所在地ー京都市伏見区醍醐東大路町22
・名称ー醍醐三宝院(だいごさんぽういん)
・創建年代ー西暦1115年
・本尊ー弥勒菩薩坐像
・宗派ー真言宗醍醐派
・拝観料ー800円(通常期間中)
・参拝時間ー3月1日~12月第1日曜は9~17時 12月第1日曜日の翌日~2月末日は9~16時30分
・最寄駅ー京都市営地下鉄「醍醐駅」下車後徒歩5分
・駐車場ー有り(通常期間の普通車500円 普通車の秋季1000円)
・寺院HPーhttps://www.daigoji.or.jp/garan/sanboin_detail.html(醍醐寺の三宝院のページ)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA