人形供養なら加太市の【淡嶋神社】

0

〇淡嶋神社の紹介
・所在地ー和歌山県和歌山市加太116
・名称ー淡嶋神社(あわしまじんじゃ)
・創建年代ー西暦400年頃
・主祭神ー少彦名命、大己貴命、息長足姫命
・主な御利益ー病気平癒、婦人病のあらゆる平癒、安産、子授け、交通・航海安全
・参拝時間ー参拝自由(社務所7時~20時)※HPと実際の神社の表示が異なりますw
・最寄駅ー南海加太線「加太駅」
・駐車場ー有り(最初の30分無料)
・神社HPーhttp://www.kada.jp/awashima/


神社・お寺巡りランキング
〇備考
人形供養で有名で、今年(2016年)のUSJとの一件でさらに有名になった当社。
実際に行ってみましたが普通の神社です。
当社の創建には諸説ありますが、祭神の少彦名命が薬や知恵の神様でもあり、古来から病気平癒や婦人病に御利益があるとされていました。
有名な人形供養ですが、境内には約2万体の日本人形が納められています。
日本人形以外にも雛人形・市松人形、また最近ではフランス人形も供養の為に送られてくるそうです。
境内にある宝物殿の地下には髪が伸びると言われている日本人形や、その他無数の心霊現象を見せる人形が安置されています。
見学をお願いしましたが、地下は一般非公開だそうです(´・ω・`)
境内の2万体にも及ぶ日本人形や、地下の安置されている人形があったりでマスコミに心霊スポットとして取り上げられるこもあるみたいです。
他にも針供養の神社として有名でありますが、近年は裁縫をする機会が減っているので針の供養数は減少傾向を辿っています。
あらゆる婦人病に御利益があるということなので、昔は髪の毛を奉納していたようです。
近年は女性の下着を奉納しているそうです。
ちなみに神社は海沿いにあるので、車でお越しの方は波しぶきがかかるのでGSで洗車するのがおすすめですww
境内には3店程の御土産屋兼食事処があり、海の幸を味わえます(-^〇^-)


↑二の鳥居


↑手水舎


↑紀文の帆柱 かなり狭いので挟まりそうですw


↑拝殿


↑拝殿と拝殿内に安置されている人形たち。 境内には約2万体あります。
※撮影許可は頂いています。


↑大国主社


↑遷使殿


↑紀文稲荷社


↑宝物殿。 地下には髪の伸びる市松人形が安置されていて、一般非公開だそうです。


↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA