京都市の天神さん前の老舗和菓子屋さん!【粟餅所・澤屋】

0

こんにちは!読者のみなさん、今日もオヤツの時間です(*´∀`*)


お菓子・デザートランキング

↑学問の神様・菅原道真公を祀っている天神宮の総本社、北野天満宮前に構えています


創業1682年と330年以上の伝統を誇る老舗の和菓子店です!!
昔は餅米は貴重で用意出来なかった為に当時は安価な粟を使って餅を作ったのが始まりだそうです。
現在は逆に粟が希少になったそうですが(・・;)
店内に入るとテイクアウトかイートインかを選べます。
テイクアウトは5個からで5個増し単位で注文でき、きな粉と餡の数は調整してもらえます(・∀・)
自慢の粟餅は注文が入ってから作製に入りますので、いつでも出来立てが味わえます
テイクアウト品も当日限りの期限です。
いつでも出来立てを提供できるようにと通販や出張は承っていません


↑さて、入るとすぐ左手では注文が入ると作製に入ります。
12代目の森藤与八郎さんが餅を形にすると、その息子さんの13代目・哲良さんと14代目の孫・淳平さんが餡を包んだり、きな粉をまぶして完成させます!
丸めて形にしてから包んで完成させるまでの高速の手捌きは見事という他ありません!!
次から次へと仕上がっていく様は圧巻です! まさに職人技!!


↑そして自分は「紅梅」(450円)を注文
こし餡2つ、きな粉1つのセットです。
後で知ったことですがプラス300円で抹茶もセットに出来たみたいです( ̄▽ ̄;)
早速、出来立てを味わってみます♪
うはぁ~!うンま~い!!
最初に食したのはこし餡ですが、餡子が最高にきめ細かく(今まで食べたこし餡で一番きめ細かい!)、中の粟餅もすんごく柔らかです!!
しかし、甘すぎずで粟餅の味をさらにこし餡が引き立てていて、今まで食べた和菓子で最高の美味しさです!!!
ザ・和菓子! ザ・老舗!! って感じで来店した甲斐がありました!!
もう一つのきな粉はこし餡に比べればインパクトに欠けましたが、柔らかな粟餅の食感をより味わえる作りです。
毎月の天神さんの日や、3月の梅のシーズン(北野天満宮の梅園が見頃)になると満員で待ち時間もあるので、時季をずらすか早めの来店をオススメします!
そのときは是非とも親子三代の職人技もご覧になってくださいね!(#^.^#)

店名 粟餅所・澤屋
住所 京都府京都市上京区紙屋川町838-7
tel  075-461-4517
営業時間 9:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日  木曜、毎月26日
駐車場 無し
HP 無し
(2018年3月上旬に撮影)






seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA