奈良県で屈指の桜の名所!【吉水神社】

0

〇吉水神社の紹介
・所在地ー奈良県吉野郡吉野町吉野山
・名称ー吉水神社(よしみずじんじゃ)
・創建年代ー伝600年代
・主祭神ー後醍醐天皇、楠木正成、吉水院宗信法印
・主な御利益ー学業成就、健康長寿
・参拝時間ー8~17時
・最寄駅ー近鉄「吉野駅」下車からロープウェイ「吉野山駅」下車から徒歩20分
・駐車場ー有り(約3台)
・神社HPーhttp://www.yoshimizu-shrine.com/index.html


神社・お寺巡りランキング
〇備考
吉水神社の歴史は古く、社伝では白鳳年間(650年頃)に役小角(役行者)によって創建されたそうです。
歴史的に貴重な場所であったり、多くの文化財が遺されています。
南北朝時代に後醍醐天皇が一時居城にしていたり、源義経が静御前や弁慶らと5日過ごし案を練ったとされる部屋もあります。
また太閤・秀吉が時の武将を含め総勢五千人で大花見会を催した地でもあります。
その時に奉納された文化財も多く展示されています。
現在でも、この吉水神社から見える中千本・上千本の桜が有名で開花時期には賑わいをみせているようです。
それと(2017年現在)ここの宮司さん(佐藤一彦氏)は有名で元警察官の経歴をお持ちです。
書籍や講演、ブログを通じて神道や皇室、愛国精神の大切さを説いてらっしゃいます。
気さくで良さそうな宮司さんです(-^〇^-)


↑御参道の商店街にある第一鳥居。ここから徒歩2分程で境内に着きます。

↑中門で宮司さんがいらっしゃいました!


↑手水舎近くの境内の様子 手入れがされていて綺麗です(´▽`)

↑手水舎

↑拝殿


↑拝殿左横に楠木正成公を配神しています。


↑拝殿側の境内の様子


↑境内社・蛭子社


↑蛭子社横からの境内の様子


↑最初に訪れた時(2017年6月下旬)の境内から見える吉野山と桜の季節(2018年4月上旬)の吉野山。ほぼ同じ位置から。
これが「一目千本」(一目見るだけで千本の桜が目に入るとの意味)と言われる吉水神社からの桜の景色です!
カメラの写真をブログ用に圧縮していますし、カメラの腕が素人なので微妙な写真ですが実際に見ると素晴らしいです(´∀`*)


↑御朱印

(2017年6月下旬と2018年4月上旬に撮影)


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA