神秘の白蛇がシンボル!【白蛇神社(岩国白蛇神社)】

0

〇白蛇神社(岩国白蛇神社)の紹介
・所在地ー山口県岩国市今津町6-4-2
・名称ー白蛇神社(しろへびじんじゃ)
・創建年代ー西暦2012年
・主祭神ー田心姫神、湍津姫神、市杵島姫神
・主な御利益ー福徳、金運、開運(健康長寿、商売繁盛、厄除け、交通安全)
・参拝時間ー17時まで(社務所9時~17時)
・最寄駅ーいわくにバス「今津」もしくは「天神町」
・駐車場ー有り(無料)
・神社HPーhttp://www.shirohebi.com/jin.html


神社・お寺巡りランキング
〇備考
当社の創建はかなり新しく2012年の建立です。
祭神は厳島神社の三柱・宗像三女神を勧請して建立されました。
しかし、白蛇神社の名の通り白蛇の信仰は古く江戸時代かそれより以前と考えられます。
当地域の岩国市には世界でも例がない白蛇の生息地として知られています。
古来では農作物の保存は死活問題で、その穀物庫を食い荒らすネズミを捉えてくれるのが白蛇でした。
日本では白い物質・生き物を神聖視する風調があり、それも相まって白蛇は神格化されていきました。
そして昭和30年に白蛇保存会が設立され、2012年の当社の創建へつながります。
当社は狛犬ならぬ狛蛇が出迎えてくれ、鳥居も白色です。
そして境内には生態に謎が多い白蛇を研究する目的もあり白蛇観覧所があります。
日中17時頃までは白蛇を観察する事ができます。
現在は外の施設を工事中だそうで、完了すれば外の庭でも白蛇を観察できそうです。
燈籠などにも蛇が装飾されていたり、白蛇観覧所の奥には白蛇の供養塔もあります。
少々、余談ではありますが白蛇神社や蛇を扱う神社には御利益に金運があります。
これは満更嘘ではなく、古来より蛇の住まう家は栄えると言います。
蛇は本能で災害等で潰れる家を察知できるので、そういった家には住み着かないようです。
なので、蛇が住まう家はいつまでも潰れずに繁栄する→金運となるわけですね。


↑鳥居も白を基調としてますね!


↑手水舎 水龍ではなく白蛇です!


↑拝殿


↑鳥居を右に行くと白蛇観覧所があるのですが、17時まででしたので閉まってました(´・ω・`)


↑白蛇の供養塔です。白蛇観覧所のさらに奥にあります。


↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA