奈良県桜井市のパワースポット!三ツ鳥居が神秘的な【桧原神社】

0

〇桧原神社の紹介
・所在地ー奈良県桜井市三輪1422(大神神社の境内なので大神神社と一緒です。)
・名称ー桧原神社(ひばらじんじゃ)
・創建年代ー神代?
・主祭神ー天照大神若御魂神、伊弉諾尊、伊弉册尊、(境内・豊鍬入姫命)
・主な御利益ー国家安泰
・参拝時間ー参拝自由(社務所時~17時)
・最寄駅ーJR西日本万葉まほろば線(桜井線)「三輪駅」 近鉄・JR「桜井駅」
・駐車場ー有り(無料)
・神社HPーhttp://oomiwa.or.jp/keidaimap/23-hibarajinja/ (大神神社のHPより)


神社・お寺巡りランキング

〇備考
大神神社の境内にある社です。
大神神社の境内は広大なので、大神神社の拝殿から徒歩25分程かかります。
山道なので、なかなかの脚力が必要ですw
知っている人は国道沿いから車で行けるようですが・・・ww
当社は最初の元・伊勢宮として知られ、全国的に数社しかない非常に珍しい三ツ鳥居です。
三ツ鳥居は大神神社の社伝に「古来、一社の神秘なり」としか資料や文献がなく、どういう経緯や意味があるのか正式には分かっていないそうです。
元・伊勢宮と言われるのは第十代・崇神天皇の御代にまでさかのぼります。
皇祖神である天照大御神を皇居で祀っているのは、あまりに畏れ多いとして巫女の豊鍬入姫命が鎮座地を行脚したことから始まります。
その最初の地と言われるのが、ここ桧原神社です。
その後、さらに各地を周り最終的に現在の五十鈴川の畔(伊勢神宮・内宮)に落ち着いたと言われます。
神社・日本史マニアとして一度は三ツ鳥居を目にしたかったので、叶って良かったです(*´∀`*)
※大神神社の三ツ鳥居は撮影禁止で、申し込みが必要です。


↑手水舎

↑明治天皇第七皇女・北白川房子親王が詠まれた歌碑です。

↑三ツ鳥居と豊鍬入姫命を祀った社です。

↑全国で8万社以上ある神社でも7社しかない大変貴重な三ツ鳥居です。

↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA