0

〇伏見稲荷大社の紹介
・所在地ー京都府京都市伏見区深草藪之内町68
・名称ー伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)
・創建年代ー西暦710年頃
・主祭神ー稲荷大神(宇迦之御魂大神、大宮能売大神、佐田彦大神、田中大神、四大神)
・主な御利益ー五穀豊穣、商売繁盛
・参拝時間ー参拝自由(社務所~時)
・最寄駅ー京阪電鉄京阪本線「伏見稲荷駅」 JR西日本奈良線「稲荷駅」
・駐車場ー有り(無料)
・神社HPーhttp://inari.jp/


神社・お寺巡りランキング

〇備考
言わずとしれた全国の約3万社ある稲荷社の総本宮。
「外国人に人気の日本の観光スポット」でも2014~2015年と2年連続1位を獲得するほど観光客は多いです。
京阪電車・伏見稲荷駅も伏見稲荷大社仕様です!
伏見稲荷駅から鳥居までの御参道も屋台や昔ながらの商家が多く大賑わいです。
お稲荷さんの置物、千本鳥居の置物、名前入れが出来るお箸、財布などお土産も選り取りみどりです!
神社に着くと大きな朱色の鳥居と大きな駒狐が出迎えてくれます。
境内から奥に行くと有名な千本鳥居や、願いが叶うかどうかを判定する、おもかる石があったりします。
裏手の稲荷山が神体山となっており、約1時間で登頂・下山が可能です。
途中には茶屋もありますので、休憩しながら登ることが出来ます。
お正月には近畿地方の神社で最多の参拝客を誇り、大変な賑わいを見せております(´∀`*)


↑京阪電車【伏見稲荷駅】です。駅も伏見稲荷大社仕様になっています。

↑駅からご賛同へ。朝方なので参拝者も少ないですが、少しするととんでもない人だかりです。

↑第一の鳥居

↑手水舎

↑楼門

↑拝殿 眷属は狛犬ではなく狐です。五穀豊穣の神様らしく口には稲穂をくわえています。

↑奥宮

↑おもかる石。持った感触が想像より軽ければ願いが叶い、重ければ叶わないと言われています。

↑稲荷山の地図です。奥宮のさらに奥にあります。

↑超々有名な千本鳥居! ここから本当に神域に入る感じが伝わります。

↑稲荷山を登頂すると途中にあります。手水舎が龍ではなく狐です。

↑稲荷山の途中にある茶店。当時はスマフォだから夜間撮影が弱いw

↑伏見稲荷大社の裏の鳥居。JR稲荷駅側からです。

↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA