奈良県にある日本最古の神社!【大神神社】

0

〇大神神社の紹介
・所在地ー奈良県桜井市三輪1422
・名称ー大神神社(おおみわじんじゃ)
・創建年代ー神代
・主祭神ー大物主大神、大己貴神、少彦名神
・主な御利益ー商売繁盛、縁結び
・参拝時間ー参拝自由(社務所~時)
・最寄駅ーJR西日本万葉まほろば線(桜井線)「三輪駅」
・駐車場ー有り(無料)
・神社HPーhttp://oomiwa.or.jp/


神社・お寺巡りランキング

〇春日大社と並んで奈良県屈指の大社です。
確かな記録が残る神社としては日本最古の神社で創建年代は1500年を超えています。
県道から入ると非常に大きな鳥居が特徴で目を惹きます。
取水舎は祭神が蛇の姿をしているとも言われているので、取り口は蛇(巳(み))です。
そして立派な拝殿があり、奥には三ツ鳥居と言われる全国でも非常に珍しい形の鳥居があります。
その奥が本殿でもある三輪山になっています。
当社には本殿がなく古来の形を残したままで、三輪山が御神体となっています。
※撮影禁止です。
他に摂社・末社に久延彦神社や狭井神社が有名です。
久延彦神社は特に知恵の神様として有名で梟(フクロウ)の人形があります。
梟は賢い鳥で「不苦労」「福来朗」とも書き縁起の良い鳥とされています。
この地域では素麺の製造が盛んで全国的に有名な美輪素麺があります。
コシがありとっても美味しいです(*´∀`*)
自分が食べたのは大鳥居近くのお店でしたが、参道・県道にたくさんあります♪
ちなみに当社は管理人が行った神社の中でも屈指(1番?)の神気を感じた神社でした!


↑サムネの巨大鳥居を抜けると駐車場近くにある大神崇敬会の社務所

↑社務所ちかくにある社殿です。初めて参拝したときは混乱しましたw

↑二の鳥居。神聖な雰囲気が漂います。

↑手水舎

↑大神神社の手水舎は龍ではなく蛇です!

↑古来の形を残した注連縄。参道をしばらく進むと見えてきます。

↑上の写真の注連縄を境内側から。

↑巳の神杉。古来から蛇が住み姿を見せる事から卵と酒が奉納されています。

↑お正月だった事もあり奉納品が多いですね!

↑国の重文である立派な拝殿

↑酒造の神様でもあるので、酒の奉納品が所狭しと並んでいます!

↑拝殿を正面に左手を進むと宝物殿があります。

↑宝物殿の向かいにある社殿です。

↑正月(1月15日頃まで)の期間限定で登場する【なでうさぎ】です(*´∀`*)

↑なでうさぎ。うさぎ好きなので沢山撫でてきましたw

↑社務所ではうさぎのグッズも多数あります!

↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA