和歌山県の日本三大神社!【熊野速玉大社】

0

〇熊野速玉大社の紹介
・所在地ー和歌山県新宮市新宮1
・名称ー熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)
・創建年代ー西暦128年
・主祭神ー熊野速玉大神(伊邪那岐神)、熊野夫須美大神(伊邪那美神)
・主な御利益ー縁結び、海上安全、病気平癒
・参拝時間ー(社務所時~時)
・最寄駅ーJR西日本またはJR東海・紀勢本線「新宮駅」
・駐車場ー有り(無料)
・神社HPーhttp://kumanohayatama.jp/


神社・お寺巡りランキング

〇備考
熊野三山の一角、熊野速玉大社です。
当社の他に熊野本宮大社、熊野那智大社を合わせて熊野三山社と呼びます。
日本三大神社(他は伊勢神宮、出雲大社)の一つでもあります。
当地は古来より天皇・上皇、貴族を始めとした身分の高い方々や、庶民がこぞって参拝に訪れたといいます。
熊野の三社は世界遺産でも有名な熊野古道で繋がっており、大阪・奈良・三重とも繋がっています。
道がある程度整備された現在でも山深く大変なのに、1000年以上も昔の人々が参拝するのはさぞ大変だったと容易に想像できます。
それでも人々がこぞって参拝に訪れたのは当社が「甦りの地」とされたからです。
特に熊野速玉大社は「現在を救済する」と言われております。
元は現在では摂社となっている神倉神社に当社が鎮座していました。
いつの頃からか、この地に遷座されたようです。
旧社地があった神倉神社を元宮、新社地がある速玉社を新宮と言います。
境内には樹齢千年を超えると言われる御神木・梛があります。
道中の安全を祈りながら、この梛の葉を懐中に収めて旅をすると良いとされています。
現在では境内で売っている「もうで餅」屋のおばちゃんが財布に葉を一枚入れると財産を守ってくれると謳っており、お餅を購入すると葉をくれますww
それと当社では中門前の手水舎で不思議な水神の龍に出会います。
普通の龍と違って、鼻が異様に長いです。
他にも身体の一部が数ヶ所、他の手水舎の水龍と違っており不思議です。

↑参道

↑中門。大きな注連縄ですね(・∀・)

↑手水舎

↑手水舎の水龍が・・・普通と違って鼻がながーいですw

↑拝殿

↑御神木・梛

↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA