神秘!ゴトビキ岩!!【神倉神社】

0

〇神倉神社の紹介
・所在地ー和歌山県新宮市神倉1-13-8
・名称ー神倉神社(かみくらじんじゃ、かんのくらじんじゃ)
・創建年代ー西暦128年
・主祭神ー天照大神、高倉下命
・主な御利益ー所願成就、延命長寿
・参拝時間ー参拝自由(社務所無し、熊野速玉社と一緒)
・最寄駅ーJR紀勢本線「新宮駅」
・駐車場ー有り(無料)
・神社HPーhttp://kumanohayatama.jp/?page_id=18


神社・お寺巡りランキング

〇備考
巨石・ゴトビキ岩で有名な当社。
現在は熊野速玉大社の摂社ですが、元はこちらに熊野速玉大社がありました。
いつの頃からか正確には不明ですが、神倉神社は熊野速玉大社と別になり現在では熊野速玉大社の摂社とされています。
当社は熊野速玉大社から徒歩でも十分に行けます。
神職さんは在註しておらず不在です。
神社に到着すると朱色の橋が出迎えてくれ、続いて摂社・末社である「神倉三宝荒神社」が出迎えてくれます。
そのまま左に進みますと神倉神社の手水舎と一の鳥居があります。
ゴトビキ岩を拝見したいと思っても、年配者・子供はここで参拝を済ませた方が無難です。
なぜならここから先は急勾配の石段で538段も登らないといけません。
管理人は一般的なレベルで比べれば相当体力のある方ですが、それでも(筋力的にではなく傾斜がキツイので安全面が)キツイと感じたので。
しかも、石段は高さ・大きさ(足の踏み場)があまり統一されていません。
また管理人は有毒か無毒かはわかりませんが、蛇を見かけました((((;゚Д゚))))
それでも何とか上まで到着すると二の鳥居と手水舎が出迎えてくれます。
これよりもう30m程道を進むと上に拝殿と御神体であるゴトビキ岩が出迎えてくれます!
間近で拝見したい場合も、ゴトビキ岩までに道らしきものがありますので、頑張って下さいw
道の険しさからくる達成感ももちろんですが、太古から崇められてきたこの巨岩を拝見するとパワーを感じずにはいられません。
伝承によると、この地で神武天皇が祭神の高倉下命から神剣を授かり、八咫烏に導かれ無事に東征を果たしたと。
またゴトビキ岩に大きな注連縄がありますが、よく見るともう一つ小さな注連縄があり、白い石が数個祀られています。
神秘的なゴトビキ岩でした。
拝見したい人は極力気を付けて登頂下さい(;^ω^)

↑最初に鳥居は無く、朱色の映える橋が出迎えてくれます。

↑境内の摂社・末社である神倉三宝荒神社です。

↑神倉三宝荒神社の手水舎

↑ここからが神倉神社の一の鳥居になります。 自信の無い人はここで参拝を済ますのが無難です。

↑登りの石段です。 写真で見るより遥かに急です!

↑行側から見た石段です・・・。先が見えないくらい急なんですよ・・・(;^ω^)

↑登りきったところにある二の鳥居と奥の右に手水舎があります。

↑巨石・ゴトビキ岩!! 圧巻です!!!

↑ゴトビキ岩にある注連縄と白い石。御神体??ですかね。

↑頂上から見える景色です( ^∀^)

↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA