和歌山県の日本三大神社!【熊野那智大社】

0

〇熊野那智大社の紹介
・所在地ー和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
・名称ー熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)
・創建年代ー伝・西暦317年
・主祭神ー熊野夫須美大神(伊邪那美命)
・主な御利益ー所願成就、延命長寿、交通・航海安全
・参拝時間ー6~16時30分(社務所6時~16時30分)
・最寄駅ーJRきのくに線「紀伊勝浦駅」か「那智駅」
・駐車場ー有り(有料800円)
・神社HPーhttp://kumanonachitaisha.or.jp/


神社・お寺巡りランキング

〇備考
熊野三山の一角、熊野那智大社です。
当社の他に熊野本宮大社、熊野速玉大社を合わせて熊野三山社と呼びます。
日本三大神社(他は伊勢神宮、出雲大社)の一つでもあります。
当地は古来より天皇・上皇、貴族を始めとした身分の高い方々や、庶民がこぞって参拝に訪れたといいます。
熊野の三社は世界遺産でも有名な熊野古道で繋がっており、大阪・奈良・三重とも繋がっています。
道がある程度整備された現在でも山深く大変なのに、1000年以上も昔の人々が参拝するのはさぞ大変だったと容易に想像できます。
それでも人々がこぞって参拝に訪れたのは当社が「甦りの地」とされたからです。
特に熊野那智大社は「過去を救済する」と言われております。
元々は現在の飛瀧神社にある那智の滝を御神体としており、ほどなく現在地の高台へ遷座されました。
現在の社地からも雄大な那智の滝を眺めることが出来、その神威を感じることが出来ると思います。
境内には大クスがあり、中が空洞化しておりくぐり抜けることができます。
樹齢約850年とされ、平重盛が御手植えになったそうです。
また境内には日本一巨大な「おみくじ」があります!
那智の滝(133m)にちなみ、133mもある巨大おみくじですww
振って、おみくじを出すのも大変そうですwww

↑境内からの見晴らしです。悠久の歴史を感じます。

↑手水舎

↑拝殿を正面から

↑本殿と八咫烏の像。八咫烏は建角身命の化身とも言われています。

↑大クス

↑133cmもある巨大おみくじww

↑御朱印


seiichi

主な趣味はバイク・車で社寺仏閣、温泉、グルメ・スイーツ巡りをしながら写真を撮ること。 現地の情報、グルメ、スイーツの感想を正直、ハッキリをモットーにブログにしていきます♪ 皆さんが関西で遊ぶさいのお手伝いが出来るブログになってくれると嬉しいです(-^〇^-)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA